弁護士田中宏幸のコラム

2013年1月22日 火曜日

家事調停官の雑感

家庭裁判所での家事調停官(非常勤裁判官)に就任させて頂い
て2年3か月が過ぎました。
この間担当させて頂いた事件は300件を超えています。

多種多様な親族間でのトラブルがあり、
それぞれの問題に当事者の方々は本当に悩み苦しみ、
早期に解決することを望んでおられます。

私の担当させて頂いた調停事件では、これまでの統計上、
約2割の事件が調停不成立という結果ですので、
大半の事件が何らかの解決が図られているということになります。

家事事件でお悩みのときは、一人で悩まず、遠慮なくご相談ください。
最善の解決策を提案させて頂きます。

大阪・難波(なんば)の法律事務所
田中宏幸法律事務所
弁護士 田中宏幸

記事URL

2013年1月 5日 土曜日

最近の相談事例のご紹介

最近の法律相談の事例をご紹介してみます。

①遺産分割の手続きを行っているのですが、
  葬式費用はだれが負担するものなのかについて、
  兄弟間でもめています。
  遺産の中から支出すればいいと思うのですが、いかがでしょうか。
  喪主が負担するものなのでしょうか。

②亡き母の晩年は私が毎日病院に出かけて看病をしてきました。
  兄は日曜日に顔を出す程度です。
  私としては兄と同じような遺産分割には納得できません。
  私に寄与分というものは認められないのでしょうか。

③自営業を営んでいた父が亡くなりました。
  葬式が終わるとあちらこちらから督促状が届くため、
  亡き父の負債がどれくらいあるのかよくわかりません。
  亡き父には多少預貯金と自宅不動産がありますが、
  負債の方が多いかもしれません。
  このような場合はどのようにしたら良いのでしょうか。

このようなことでお悩みの時は、法律相談を受けられることをお勧めします。

大阪・難波(なんば)の法律事務所
田中宏幸法律事務所
弁護士 田中宏幸

記事URL

2013年1月 3日 木曜日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

①遺産分割の話が進まない
②遺産がどれだけあるかわからない
③遺産分割の話を切り出しにくい
④遺言書を作っておいた方がよいが
  どのように書いたらよいかわからないなど
相続問題でお悩みの時は、遠慮なくご相談ください。
最善の解決方法をご提案いたします。

大阪・難波(なんば)の法律事務所
田中宏幸法律事務所
弁護士 田中宏幸

記事URL