HOME > 生前贈与

生前贈与

生前贈与

生前贈与のイメージ

生前贈与とは、被相続人が生きているうちに、自分の財産を人に分け与える行為のことを言います。
個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。

また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的のために利用されます。

生前贈与のメリット・デメリット

生前贈与の注意点

生前贈与の注意点のイメージ
生前贈与の方法
  1. 生前贈与の基礎控除額は年110万円なので、これを利用して節税をする。
    但し、子供3人に年110万円ずつ10年間贈与した場合、3300万円
    (110万円×3人×10年)の財産移転ができますが、現金110万円を10年間毎年贈与する方法だと、初年度に1100万円の贈与があって、それを10年間分割払いしているとみられる恐れがあります。
    そこで、毎年違う月に、毎年違う金額ないし違う種類の財産で贈与を行うようにすることも検討する必要があります。
    例えば、ある年は各人に120万円を現金で贈与したり、翌年は各人に130万円相当の上場株式を贈与したりする方法などです。
  2. 配偶者の贈与税額控除の特例を利用する。
    婚姻期間が20年以上の配偶者から、以下の財産の贈与を受けた場合、基礎控除額110万円の外、2000万円まで控除できます。

一般的には、相続開始3年以内の贈与は、相続財産に加算されますが、配偶者控除の適用を受けた贈与財産のうち、控除額に相当する金額は加算しなくてもよいことになっています。